どのカット・サイズにも値段を付けてくれるか

どのカット・サイズにも値段を付けてくれるか

多くの業者が乱立傾向にあるダイヤモンドの買取業者ですが、私たちが実際に買取を依頼する場合、どういった点に注意しておけばよいでしょうか。

たとえば、ダイヤモンドと一言でいっても、形状、カット・サイズなどポイントがたくさんあり、それらは買取価格に大きく影響してきます。

大きなポイントの一つとしてあげられるのがサイズですね。
ダイヤモンドは米粒程度の小さなものから指が折れそうなくらい立派なものまで様々なサイズのものが流通していますが、サイズが大きければ大きいほど数が少なくて貴重なので買取金額は高くなります。

それに対して、メレダイヤなどのサイズが小さいものは、鑑定書自体がないことも多く、正確な価格が判定しづらいので、リスクを避けて買取をしない業者も存在します。

また、ダイヤモンドは唯一人間が手を加えることができる、カットというポイントがあります。
より美しく輝かせるために、人の手を加えてベストな形に仕上げていくわけですが、特殊な形状のものほど再加工がしづらく、新たな流通先の確保が難しいため、買取をしない業者も多いです。

逆に言えば、メレダイヤなどの小さなダイヤモンドや、特殊なカットのダイヤモンドの買取がOKな業者は、それだけ独自の流通ルートを多数抱えている証拠ともいえるでしょう。

売れ残りのリスクが少なくなれば、買取価格にも反映されるので、同じダイヤモンドでもより高額で引き取ってもらうことが可能です。
買取NGの項目が多い業者は買取価格も低めになる傾向があるので、やめておいたほうがよいでしょう。