販売ルートをどれだけ持っているか

販売ルートをどれだけ持っているか

ダイヤモンドの買取業者は、私たちからダイヤモンドを引き取った後、それぞれが独自の販売ルートで取引し、その差額で利益を出しています。

ダイヤモンドには4Cと呼ばれる独自の国際基準があり、その基準によって価格が決まるのですが、中にはサイズが小さすぎたり、形状が特殊すぎて買い手がなかなかつかないケースも出てきます。
買取業者も商売ですから、新たな買い手が付きにくい商品は、リスクを避けて取り扱いをしないこともあります。

逆に考えれば、多くの販売ルートを持っている業者ほど、幅広く商品を取り扱うことができ、サイズや形が特殊なものでも買取が可能ということです。
売れ残りのリスクを考える必要もないので、その分を買取査定に反映することもできるのです。

たとえば私がお勧めするスピード買取.jpは、独自の買取品直売システムをはじめとして、多くの販売ルートを持っていますので、価格が付きにくいメレダイヤや、傷が入ったダイヤモンドでも問題なく買取してもらえます。
他の業者で断られた、壊れているから絶対に買取は無理だなど、諦めている人もここならOKの可能性が高いのでもう一度チャレンジしてみてください。

専門の鑑定士も多数在籍しているので、査定価格も確かですし、申し込みから査定、そして振込までの対応もスムーズですよ。