ダイヤの取り扱いが多い商品

ダイヤの取り扱いが多い商品

ダイヤモンドの買取業者を選ぶポイントとして大事なのが、その業者がどのような商品を取り扱っているかということです。
これが買取価格に大きく影響しているからです。

たとえば、メレダイヤなどはサイズが小さく本来メインの中石を引き立てるために使われることもあり、コストを抑えるために鑑定書がないケースが非常に多いです。

また、サイズが小さく正確な値段を出すには熟練した技術と知識が必要になるため、取り扱い商品として扱っていない業者も多いのが実情です。

ダイヤモンドのカット、形状も大きなポイントになります。
ダイヤモンドにおけるカットというのは、人間が手を加えることができる唯一のポイントですし、すべての石に理想的な体型があるので、実に多くのカットの種類があるのです。

しかし、特殊なカットのダイヤモンドほど買い手が少ない傾向にあるようで、業者によっては買取不可の判定が出ることもあります。

私がいろいろと調べてみた結果、これらのポイントを踏まえて、NGが少なく取扱い商品が多い業者ほど、独自の流通ルートを多数持っていて、特殊な商品でも問題なく買取できる環境を整えています。
商品が売れ残るリスクが少ないので、その分強気に買取価格を設定でき、私たちにとってもメリットが非常に大きくなります。

もしダイヤモンドを買い取ってもらおうと思っているなら、是非覚えておいてほしいポイントですね。