鑑定書・鑑別書・保証書の違い

鑑定書・鑑別書・保証書の違い

ダイヤモンドをはじめとする宝石類には、本物であることを証明するために、鑑定書・鑑別書・保証書などの多数の書類があるわけですが、私たち素人にはいまいち違いがよくわかりません。
そこで私なりに調べてみたのですが、答えは意外と簡単でしたね。

まず初めに鑑定書ですが、これはダイヤモンドに発行される書類で、4C評価など、世界共通の基準のもとで1枚の鑑定書を作成するのに2人の鑑定士がチェックします。
4Cのうち、カラット数以外は人間の目によってチェックするので、1人より2人のほうが正確な買取評価ができるということです。

鑑定機関は世界中にあり、中でも日本の鑑定機関の信用度は高いそうですが、上記のようにカラット数以外は人間の目によるチェックなので、同じダイヤモンドでも鑑定機関によっては多少の差が出ることがあるようです。

次に鑑別書ですが、これはルビー・サファイア・エメラルド等の貴石、色石に発行される書類のことです。ダイヤモンドの鑑定書と違い、宝石の価値を決めるものではなく、天然石か人工的な処理をされているものなのかを判別するためのものです。

人工的な加工をされているのなら、どういった処理をされているのか、そして宝石が持つ多色性、蛍光性などの細かなデータが詳細に記録されています。

鑑別書は安い石には発行することが少ないため、これがあるだけでこの宝石はある程度価値がありますよと証明するためのものと考えることもできます。

最後に保証書ですが、これは販売店が独自に発行するもので、何をどう保証するのかはお店によって大きく変わってきます。
そのため、事前に確認をしっかりしておくことをお勧めします。