価格の決め方(4C評価)

価格の決め方(4C評価)

ダイヤモンドの価格は4C評価と呼ばれるラウンド・ブリリアント・カットのダイアモンドの品質等を評価する基準で決定します。4Cは、カラット、カラー、クラリティ、カットのイニシャルを取ったもので、それぞれを個別に聞くと何となくイメージはつくんじゃないでしょうか?

たとえばカラットは石の重さを表していて、この数字が大きければ大きいほど重いダイヤモンドになりますし、重ければ当然サイズも巨大になるのです。

カットは人間が唯一手を加えることができるポイントで、ダイヤモンドの形状に合わせて最も適した形にカッティングすることで、価値を最大限まで高めることができます。

カラーについてですが、ダイヤモンドは見た目ではなかなかわかりにくいですが、無色透明のものから、薄い黄色など自然の色がついています。無色に近いほど光を透過するので美しく見え、より価値が高いとされています。

クラリティはダイヤモンドの透明度を表すもので、表面上の特徴、そして内包物が透明度にどの程度影響を与えているかを表しています。
完全なものはフローレスと呼ばれ大変価値が高いですが、自然が作り出すものですから、流通自体が稀と言えるほど数が少ないです。

ダイヤモンドの価格は、これらの4C評価が大きく価格に影響するわけですが、日本ではダイヤモンドはほぼ輸入なので、為替の状況や、商品の需要などによっても上下します。

ダイヤモンドを買取してもらう場合も同様に、これらの要素が影響してくるので、知識として身に着けておいて損はありません。