本物と偽物を見分ける方法

本物と偽物を見分ける方法

私たち人間を魅了し、楽しませてくれる存在のダイヤモンドですが、その美しさだけに、昔から偽物も多く製造されてきました。
技術の進化に伴い、一見本物と見間違えてしまうほど精巧に作られた人造のダイヤモンドなども登場しています。
プロの鑑定士なら一目瞭然のダイヤモンドの目利きも、私たち素人には見破るのはなかなか難しくなってきています。

しかし、ダイヤモンドには本物と偽物を見極めるためのポイントがいくつかありますので、それらを身に着けておけば、偽物をつかまされる心配は少なくなるでしょう。

例えばダイヤモンドは熱伝導率が大変高く、銀の5倍もあるといわれています。そのため、本物であれば息を吹きかけると
すぐに曇りが消えるのです。

それ以外にも、私たちにもできる簡単な見極め方をいくつか紹介しましょう。

・虫眼鏡を使って角がかけてないかチェックする。
・油性ペンを使う ⇒ ダイヤモンドは油脂を弾かないため、字が書けます。
・新聞紙の上において字を読む ⇒ 屈折率が高いダイヤモンドを通すと、字は読めなくなります。
・ダイヤモンドに水滴を垂らす。

これらの方法は私たちにもできる方法ですし、ある程度の見極めが可能になるでしょう。最も簡単なのは水滴を垂らすですね。本物であれば水滴が丸くなり、偽物なら水滴が崩れるようです。

ただ、確実に本物か偽物かを見極めるにはやはりプロの鑑定士に依頼するのが一番でしょう。
最寄りのジュエリーショップや買取業者でも大抵は鑑定を行ってくれます。